ワイルドロケットは、元弁護士で料理を独学したシェフのウィリン・ローが2005年にオープン。

シェフの料理を説明するために自らが名付けた「モダン・シンガポーリアン」というスタイルは、シェフが食べて育ったシンガポールの料理、味、素材からインスピレーションを得ています。 また、多くの料理はシェフが旅して食べ歩いたアジア各国の料理にも影響を受けています。

ワイルド・ロケットは、おまかせ用カウンターと普通席の二つのセクションに分かれています。おまかせ用カウンター(10席)ではシェフが考案した7-12品のコースメニューが提供されます。テーブルの普通席では通常メニューからアラカルトで注文できます。初めてお越しの方には、おまかせ用カウンターでのお食事をお勧めいたします。